スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


亀井氏「踏みつけられてもバカにされても…」 民主と選挙協力(産経新聞)

 国民新党代表の亀井静香前金融・郵政改革担当相は14日、金融庁で退任の記者会見を行い、今国会での成立が見送られた郵政改革法案について「次の国会で最優先で成立させると(民主党と)約束した。政党間の約束が守らなければ政党政治は死んでしまう」と述べ、参院選後の臨時国会での成立に向け、民主党を牽制(けんせい)した。

 亀井氏は、今国会での成立を目指すという民主党との当初の約束がほごにされたことについて「たたかれても踏みつけられても、バカにされても軽んじられても、はらわたが煮えくり返ったって、いちるの望みがあればそれを求めていく」と発言。参院選後の成立を期し、民主党との選挙協力を進める考えを改めて強調した。


 さらに「その都度の世論と称するものに身を委ね、選挙に勝つことだけを考えた政治をやれば、その国は大変な事態に立ち至る」と述べ、支持率の回復を受けて、国会の会期延長に応じず、参院選の実施を急ぐ民主党の姿勢を批判した。

 また、約8カ月の在任中に成立させたモラトリアム法案(中小企業金融円滑化法)について触れ、「社会的責任を果たそうという金融機関も出ている」と指摘し、成果を強調した。

 亀井氏は、郵政改革法案を今国会で成立させられなかったとして、11日未明に担当相辞任を表明。14日の会見前に行った事務引き継ぎでは自見庄三郎担当相と固く握手を交わし、「立派な大臣が誕生した」とエールを送った。

【関連記事】
資金依存、脱却を 全国郵便局長側8億円資金提供
宙に浮く郵政経営 限度額引き上げは秋以降?
民主党支持率「V字回復」は自己否定ではないか
「サインしたら信じるでしょ」 そりゃそうだが…
“イラ菅”早くも…記者団に逆ギレ連発「何の批判ですか」
日本のインフラ技術が海外へ飛び出し始めた

国家戦略相事務所費「党で調査中」と官房長官(読売新聞)
無駄遣いの見直しに協力を―長妻厚労相が職員にあいさつ(医療介護CBニュース)
企業関与の医療ツーリズムに反対−日医(医療介護CBニュース)
<天皇、皇后両陛下>「豊かな海づくり大会」に出席(毎日新聞)
<菅首相会見>その4「官僚の力も使って政策を進めていく」(毎日新聞)

次の首相は…「いません、残念ながら」 街の声@銀座(産経新聞)

 神奈川県厚木市の会社員、小杉恵四郎さん(57)

 「次期首相に期待する人? いません、残念ながら。かつての田中角栄や吉田茂のような、個性のある、わが道を行く政治家が見あたらない。菅直人さんや岡田克也さんが有力視されているというが、みんな野党時代に党首になって、失敗した人ばかり。代わり映えのしない顔ぶれで、同じことの繰り返しになりそうだ。主権はわれわれ国民にあるので、引っ張られてばかりではいけないが、国民をぐいぐい引っ張っていくような、エネルギーのある政治家がいない。安倍晋三元首相から、短命政権が続いているのも、みんな『おぼっちゃん』で、エネルギーや市民感覚が欠けた人たちばかりだから。少々黒い部分があっても、政治家は結果で評価される。個性ある、たたき上げの政治家が出てくることを望みます」

 神奈川県秦野市の無職、伊藤幸夫さん(63)

 「誰にも期待できないね。菅直人? あの人は、いざとなったら何もできない人。普天間問題を見ていてもそうでしょう。大事なときに出てこなくて、ほとぼりがさめたころに『オレ、オレ』と格好いいことを言い出す。それじゃあ駄目。岡田さんや前原さんも、鳩山首相よりはマシという程度でしょう。思い切って、蓮舫さんとか、いいんじゃない? 政権交代に期待して民主党に投票したが、次は棄権かな。入れるところがない。首相がころころ変わっても、日本はこれだけの経済大国でいられるんだから、もう誰がやっても同じだと思うよ」

 東京都練馬区の会社員、吉岡愛子さん(55)「時期首相として名前のあがっている人は、みんな失敗した人ばかりでしょう。誰がリーダーシップを取れるんですか? もう、民主党では駄目でしょう。短命政権が続いて、本当に疲れてしまいますね。誰か、本当にリーダーシップを取れる人はいないんでしょうか」

【関連記事】
「説明足りぬ」「当然だ」 首相辞任で翻弄される民主の参院候補者
“小沢ガールズ”三宅議員は「だいぶ前に(小沢学校)卒業した」
首相辞任で農水省「口蹄疫、やるべきことをやるだけ」
文科省、首相辞任に「誰が大臣になっても変わらない」
ポスト鳩山、菅副総理・財務相が最有力
「はやぶさ」帰還へ

<名張毒ぶどう酒事件>混入農薬を再製造 名古屋高検が要請(毎日新聞)
パン 米粉100%で焼く方法開発 小麦アレルギーも安心(毎日新聞)
<口蹄疫>宮崎県えびの市で豚の出荷始める 制限解除され(毎日新聞)
小沢氏、残る起訴の可能性(産経新聞)
父の愛 文字に残そう 京都の病院「パパ手帳」製作(産経新聞)

<パロマ工業中毒死>元社長ら有罪確定 被害者母「悔しい」(毎日新聞)

 パロマ工業(名古屋市)製湯沸かし器による一酸化炭素(CO)中毒事故で、業務上過失致死傷罪に問われた元社長、小林敏宏被告(72)と元品質管理部長、鎌塚渉被告(60)は期限の25日までに控訴せず、執行猶予3年が付いた禁固1年6月と同1年が確定した。事故で亡くなった上嶋浩幸さん(当時18歳)=東京都港区=の母幸子(ゆきこ)さん(56)は会見し「(元社長らは)浩幸の墓前で謝罪してほしい」と話した。

 幸子さんは、生前の浩幸さんと一緒に買いに行ったという四つ葉のクローバーのペンダントを身につけて会見。「有罪判決が確定しても、ヒロ君は戻ってこないのが悔しい。(元社長らは)公判でいつも『誠心誠意対応する』と言ってきたが、具体的に何をするつもりなのか。執行猶予の3年がたったら、そのまま忘れてしまうのではないか」と悔しさをにじませた。

 一方、小林元社長らは「裁判所の判断は心外だが、個人的事情により控訴しないことにした」とのコメントを発表した。【伊藤一郎】

【関連ニュース】
パロマ工業中毒死:元社長ら控訴せず 有罪確定へ
パロマ中毒事故:対象製品所有者らに注意 消費者庁
パロマ中毒事故:元社長らに有罪判決 東京地裁
パロマ中毒死:11日判決 遺族「安全対策の不備認めて」
パロマ湯沸かし器事故:回収対象の製品、HPで注意喚起−−消費者庁

<野党4党>衆院総務委員長の解任決議案を提出 強行採決で(毎日新聞)
<こち亀>曲げられた「麗子像」まっすぐに 誰の仕業?(毎日新聞)
ペーロン競漕 デッドヒートに歓声 兵庫・相生湾に4万人(毎日新聞)
「生涯現役の秘訣」指南、6月から介護予防講座―東北福祉大(医療介護CBニュース)
【新・関西笑談】サッカーに乾杯(2)元日本代表FW 西澤明訓さん(産経新聞)

たちあがれ日本、片山元総務相擁立へ(読売新聞)

 たちあがれ日本が、夏の参院比例選に、自民党参院幹事長を務めた片山虎之助・元総務相(74)の擁立で最終調整していることが分かった。

 片山氏は次期参院選での比例選での公認を自民党に求めたが、党の70歳定年制の内規により公認されなかった。

<質問なるほドリ>衛星はどうして種子島から打ち上げるの?(毎日新聞)
病院の病床、9か月ぶりに増加−2月末概数(医療介護CBニュース)
アユ漁 解禁に太公望次々…大分・日田の玖珠川(毎日新聞)
弁護士法違反容疑で元裁判所職員逮捕 大阪地検特捜部(産経新聞)
ライター安全規制を決定…既存品の9割以上(読売新聞)

捜査員が逮捕前に同宿「量刑に影響なし」懲役18年 大阪地裁(産経新聞)

 大阪市浪速区のマンションで知人男性を殺害したとして殺人などの罪に問われた無職、焼田具明被告(45)に対する裁判員裁判の判決公判が14日、大阪地裁であった。逮捕前の参考人聴取の夜、捜査員が焼田被告とホテルに同宿したことを量刑に反映させるかが争点となったが、樋口裕晃裁判長は「違法・不当と強く疑われるが、量刑判断に影響を与えるものではない」として懲役18年(求刑懲役23年)を言い渡した。

 検察側は同宿について「被告の自殺阻止が目的で必要性があった」と主張。弁護側は「重大な違法捜査」と訴え、量刑に反映させるように求めていた。

 判決理由で樋口裁判長は「自殺防止目的も否定できないものの、主たる意図は逃亡防止とみるのが妥当で、実質的な逮捕」と指摘。一方で「一晩だけにとどまり、警察官の脅迫や暴行も見受けられない」として量刑には影響させなかった。

 裁判員を務めた20代男性は「そういうこともあるかなという印象だったが、本来あってはいけないのかなと思った」と話した。弁護人は「違法捜査が認められた画期的な判決。裁判員が入り、踏み込んだ判断になった」と評価する一方、量刑に影響させなかったことに「不満がある」とした。

【関連記事】
強盗強姦の被告、裁判員裁判で23年判決 横浜地裁
「裁判員は違憲」不服申し立て棄却 最高裁
特別な看病演出「居心地よかった」 娘点滴混入死で母
法廷内で精神鑑定 大阪・住之江の死体遺棄
「自分が被害者なら怖い」 元少年への判決で裁判員
少子化を止めろ!

【麗し大和】(19)藤薫る春日大社(産経新聞)
<鈴木宗男氏>北方領土交渉は「空白の10年」 露で講演(毎日新聞)
ニセ女医事件、病院は医師検索システム知らず(読売新聞)
新青森開業12月4日、最速は「はやぶさ」(読売新聞)
ホームレス使ってダフヤ行為した男逮捕 警視庁捜査、2年で1千万円売り上げ(産経新聞)

京都で震度3(時事通信)

 30日午前7時50分ごろ、京都府などで地震があり、同府京丹後市で震度3の揺れを観測した。気象庁の観測によると、震源地は同府北部で、震源の深さは約10キロ、地震の規模(マグニチュード)は3.4と推定される。 

【関連ニュース】
茨城で震度3
宮城で震度3
震災時の体制整備、市区町村は6%=自治体の業務継続で調査
21府県で2万5000人死亡=3地震同時発生で
新潟で震度4

「舛添人気」頼み、隠さず=政策の違いにはふた−新党改革が旗揚げ会見(時事通信)
「桟橋方式」軸に調整へ=現行案修正、名護市長は拒絶−普天間(時事通信)
「民主党に仕分けする資格なし」内田裕也さんが再び来場(産経新聞)
<偽1万円札>北海道・函館のスーパーなどで8枚見つかる(毎日新聞)
あおぞら銀元行員を逮捕 インサイダー取引(産経新聞)

戦国武将に学ぶ「人間力」 7月、大和ハウスでフォーラム(産経新聞)

 大和ハウス工業は7月10日午後2〜5時、東京都千代田区飯田橋3の13の1の同社東京支社で、石橋信夫記念館文化フォーラム「前途混迷の現代を生き抜くため 戦国武将の知恵から 今なにを学ぶか」を開く。アナウンサーの松平定知さんや歴史学者の小和田哲男さん、漫画家の黒鉄ヒロシさんらを招き、戦国武将の「人間力」やリーダーシップをめぐり、現代に通じる教訓について議論する。

 また、7月24日午後2〜5時には大阪市北区梅田3の3の5の同社本社でも、作家の童門冬二(どうもん・ふゆじ)さんや歴史家の加来(かく)耕三さんを招き、同テーマのフォーラムを開催する。

 参加無料。はがきに郵便番号、住所、氏名、年齢、性別、職業、電話番号、希望の会場を明記し、〒107−0051 東京都港区元赤坂1の4の2 知性ビル 石橋信夫記念館文化フォーラム事務局まで。5月24日必着。応募多数の場合は抽選。ホームページ(http://www.daiwahouse.co.jp)でも受け付ける。問い合わせはTEL03・3403・6451。

「睡眠薬売れるねん」操られる生活保護受給者(読売新聞)
略称「日本」重複、止める手だてない…総務相(読売新聞)
橋下知事、大阪市長選出馬も 府・市再編で 新党なら舛添氏応援 (産経新聞)
「論文不正あった」解雇認める=筑波大元教授敗訴−水戸地裁支部(時事通信)
「無過失補償制度」や「介護環境整備」盛り込む−民主マニフェスト素案(医療介護CBニュース)

<文科省>天窓の安全管理の徹底求める通達 鹿児島の事故で(毎日新聞)

 鹿児島県霧島市立陵南小で屋上の天窓が割れて小3男児が転落し重傷を負った事故を受け、文部科学省は16日、都道府県教委に天窓について安全管理の徹底を求める通達を出した。

 東京都杉並区の類似死亡事故(08年)を機に出した文科省の通達2通のうち1通が、同市教委から市内の各学校に届いていなかったことも判明しており、市町村教委や各校への周知徹底を指示している。

 通達では、安全点検の再実施や教職員の意識向上を求めている。同省学校健康教育課は「(霧島市の件は)教職員の共通理解など、周知徹底の部分で問題があった。配布リーフレットなどを活用し事故防止に努めてほしい」と語った。

「100%頑張っている」=夢追う女性にもエール−山崎さん、宇宙基地で会見(時事通信)
<円山動物園>ヒグマ館オープン 雌の「とわ」人気 北海道(毎日新聞)
消えたはずのライター…思わぬ着火で事故多発(産経新聞)
死刑制度:韓国での議論も国際通商上の問題に?
妻「悲しみ、言葉にできない」=15年来の同僚、カメラ手に涙−ジャーナリスト銃撃(時事通信)

手配の男の身柄を確保=長崎・警官2人刺傷(時事通信)

 長崎県佐世保市で、警官2人が職務質問した男に刺されて重軽傷を負った事件で、殺人未遂と傷害の疑いで指名手配された住所、職業不詳の神山望容疑者(33)が13日、福岡県警南署に出頭した。同県警は神山容疑者の身柄を確保した。
 神山容疑者は12日未明、佐世保市のJR早岐駅近くの路上で職務質問を受けた際、長崎県警機動捜査隊の川口欣也警部補(49)と川渕圭巡査部長(42)をナイフのようなもので刺して逃走したとされる。 

【関連ニュース】
33歳男を指名手配=佐世保の警官刺傷
殺人容疑で男6人再逮捕=バットで殴打、グループ対立か
強盗容疑で28歳男逮捕=290万円奪い6年逃走
手配容疑者、来院したら通報=美容外科業界と協定
手配の男、署訪れ逮捕=知らずに知人の面会に

民主岐阜県連、体制刷新求め党本部に意見書(読売新聞)
<川崎マンション火災>重体の4歳次男も死亡(毎日新聞)
景気判断据え置き=4月の月例経済報告(時事通信)
<強風>北海道で40.6メートル記録 秋田ではけが人も(毎日新聞)
極楽浄土の世界をCG復元=平等院鳳凰堂内、創建時の彩色に(時事通信)

長官銃撃事件の検証開始=問題点洗い出しへ−警視庁(時事通信)

 1995年に起きた国松孝次警察庁長官(当時)銃撃事件が先月30日に時効を迎えたのを受け、警視庁公安部は9日までに、捜査の検証を始めた。
 警察トップを狙った前例のないテロをめぐり、オウム真理教の組織的犯行とみて15年にわたり捜査を継続したが、実行役を特定できないまま終結。問題点を洗い出し、今後の捜査に生かす考えだ。
 捜査関係者によると、公安部の幹部数人が中心となり、初動捜査からの関係書類を精査。捜査員からの聞き取りも検討するもようだ。 

【関連ニュース】
【特集】国松警察庁長官銃撃事件〜ついに時効!〜
〔写真特集〕地下鉄サリン事件
警察庁長官「初動高度化を」=刑事部長会議で足利事件に触れ
「法的措置を検討」=警視庁発表にアレフ
時効迎え「反省、教訓を」=国松元警察庁長官

年金業務監視委の権限強化=政令に基づく組織に−総務省(時事通信)
衆院に会派結成を届け出=たちあがれ日本(時事通信)
<森林面積>消失率初めて減少 中国、インドで大規模植林(毎日新聞)
外相と米大使が会談=普天間めぐり意見交換(時事通信)
【核心】「ギョーザ解決」疑問 異なる手口・混入時期ズレ 中国、幕引き急ぐ?(産経新聞)

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
リンク
即日現金化
審査 甘い キャッシング
パチンコ攻略
携帯ホームページ
ブラック キャッシング OK
ショッピング枠現金化
ショッピング枠現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化
selected entries
archives
recent comment
  • 亀井氏「踏みつけられてもバカにされても…」 民主と選挙協力(産経新聞)
    AtoZ (08/26)
  • 亀井氏「踏みつけられてもバカにされても…」 民主と選挙協力(産経新聞)
    ふにゃバット (06/01)
  • 亀井氏「踏みつけられてもバカにされても…」 民主と選挙協力(産経新聞)
    へらちゅう (05/27)
  • 亀井氏「踏みつけられてもバカにされても…」 民主と選挙協力(産経新聞)
    とろろいも (01/16)
  • 亀井氏「踏みつけられてもバカにされても…」 民主と選挙協力(産経新聞)
    ソルバルウ (01/04)
  • 亀井氏「踏みつけられてもバカにされても…」 民主と選挙協力(産経新聞)
    サキューン (12/30)
  • 亀井氏「踏みつけられてもバカにされても…」 民主と選挙協力(産経新聞)
    ナーマソフト (12/25)
  • 亀井氏「踏みつけられてもバカにされても…」 民主と選挙協力(産経新聞)
    ポリエモン (12/21)
  • 亀井氏「踏みつけられてもバカにされても…」 民主と選挙協力(産経新聞)
    ゴンボ (12/16)
  • 亀井氏「踏みつけられてもバカにされても…」 民主と選挙協力(産経新聞)
    夜沢課長 (12/07)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM